花嫁

自分自身が結婚するなんて今まで夢にも考えていませんでした。誰かと結婚して一緒にこれからの人生を歩いて行くなんて…しかしプロポーズは突然でした。

付き合ってちょうど5年になる恋人に不意に結婚しようと言われたのです。私は飲んでいた味噌汁を鼻から吐き出し、目を丸めました。
「喜んで。」考えるまもなく、口でそう、話していました。
結婚です。この浮足立つ気分は何に例えたらいいんでしょうか。まさにネコも杓子も踊りだすといったところでしょうか。よく分かりませんが、浮遊感が私をしばらく包んでいました。
しかし結婚をするとなるとここからが大変なのは風のうわさでわかっていました。両親に挨拶をして結婚式…そう、この結婚式というのが厄介なのです。

私はあまり自分を着飾るのは苦手な方なので結婚式は別にやらなくてもいいんじゃないか…という気持ちだったんですが、親がどうしても私のウエディングドレス姿を見たい、ウエディングドレス姿を見れないのならここまで大事に育ててきた意味が無い!馬鹿娘!と怒鳴るものなので…しょうがなく、ウエディングドレスやら結婚式場やらを探して結婚式を行うことになったのです。
わたしも彼も内心結婚式場なんてどれも同じじゃないかと思ってはいたんですが、実際に調べてみると沢山出てくるんですね…。
結婚式場も協会からホテルからレストランからゲストハウスからありとあらゆるところで結婚式をする事ができるのです。
また結婚式場にそれだけバリエーションがあるのならばやはりウエディングドレスも様々な種類のものを見つけることができます。

そしてわたしの友人で結婚式をついこの間上げたばかりの子は絶対にブライダルエステは欠かしちゃいけないよ、ブライダルエステがウエディングドレスのすべてを左右するよ。
素敵なウエディングドレスを着るんだからそれに見合うくらいの自分になってないと恥ずかしさに打ちのめされよ。とすべてを悟ったかのような表情で言いました。
ブライダルエステ?エステにもあまり関心がないのでピンときませんが、結婚式を行うとなったら外せないもの…それがブライダルエステなのだそう。

関連リンク

エステの転職を成功させるには下調べが必須です。:サロンdeジョブ
高槻で施術に定評のあるエステサロンなら:ちゅら

大阪にあるブライダルエステで花嫁に更なる磨きを:ピュアローズ

Tags:

Category: